Commit c7fe2334 authored by Kenshi Muto's avatar Kenshi Muto

initial Japanese translation

CVS version numbers

japanese/News/2016/20160402.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/News/2016/2016040202.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/News/2016/20160604.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/News/2016/2016060402.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2010/20101030.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150126.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150327.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150419.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150721.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150815.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20150913.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/20151026.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/Makefile: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2015/index.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2016/20160110.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/devel/debian-installer/News/2016/20160704.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/international/Vietnamese.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/international/Swedish/bidragslamnare.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2001/vote_0001.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2002/stats.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2002/stats_detailed.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2002/vote_0001.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2004/leader2004_stats.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2004/leader2004_stats_detailed.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2004/vote_001.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2005/leader2005_stats.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2005/leader2005_stats_detailed.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2005/vote_001.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2006/suppl_002_stats.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2006/suppl_002_stats_detailed.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2006/vote_002.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2006/vote_002_quorum.txt: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2009/vote_002.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/Makefile: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/index.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/suppl_001_stats.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/suppl_001_stats_detailed.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001.wml: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001_index.src: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001_majority.src: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001_quorum.src: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001_quorum.txt: INITIAL -> 1.1 
japanese/vote/2015/vote_001_results.src: INITIAL -> 1.1
parent 620dc3a3
This diff is collapsed.
This diff is collapsed.
This diff is collapsed.
#use wml::debian::translation-check translation="1.1"
<define-tag pagetitle>Debian 7 更新: 7.11 リリース</define-tag>
<define-tag release_date>2016-06-04</define-tag>
#use wml::debian::news
<define-tag release>7</define-tag>
<define-tag codename>wheezy</define-tag>
<define-tag revision>7.11</define-tag>
<define-tag dsa>
<tr><td align="center"><a href="$(HOME)/security/%0/dsa-%1">DSA-%1</a></td>
<td align="center"><:
my @p = ();
for my $p (split (/,\s*/, "%2")) {
push (@p, sprintf ('<a href="https://packages.debian.org/src:%s">%s</a>', $p, $p));
}
print join (", ", @p);
:></td></tr>
</define-tag>
<define-tag correction>
<tr><td><a href="https://packages.debian.org/src:%0">%0</a></td><td>%1</td></tr>
</define-tag>
<define-tag srcpkg><a href="https://packages.debian.org/src:%0">%0</a></define-tag>
<p>Debian プロジェクトは、旧安定版 (oldstable) ディストリビューション Debian <release>
(コード名 <q><codename></q>) の11回目 (そして最後) の更新を発表できることを嬉しく思います。
この更新は主にセキュリティ問題の修正を旧安定版 (oldstable)
リリースに加えるもので、重大な問題に対する若干の調整への対応を追加しています。
セキュリティ勧告はすでに個別に発表されており、利用可能なものは参照されています。</p>
<p><a href="$(HOME)/security/2016/dsa-3548">DSA-3548</a>
のパッケージと、一部アーキテクチャに <a
href="$(HOME)/security/2016/dsa-3547">DSA-3547</a>、<a
href="$(HOME)/security/2015/dsa-3219">DSA-3219</a>、<a
href="$(HOME)/security/2016/dsa-3482">DSA-3482</a>、<a
href="$(HOME)/security/2015/dsa-3246">DSA-3246</a>
が技術的理由によりこのポイントリリースに収録されていません。
<q><codename></q>の生涯に発表されて前回のポイントリリースに入らなかった
他のセキュリティ更新は全てこの更新に収録されています。</p>
<p>この更新は Debian <release> の新しいバージョンを構成するといった性質のものではなく、
収録されているパッケージの一部を更新するだけであることに注意してください。
古い<q><codename></q>のCDやDVDを投げ捨てる必要はなく、インストール後に最新の
Debian ミラーから更新を取得して古くなったパッケージを更新するだけです。</p>
<p>頻繁に security.debian.org
から更新をインストールしている人は大量のパッケージ更新をする必要はありません。
security.debian.org での更新のほとんどが今回のアップデートに含まれています。</p>
<p>新規のインストールメディアや CD、DVD イメージには更新されたパッケージが含まれ、
いつもの場所で間もなく入手可能になります。</p>
<p>オンラインからの今回のリビジョンへのアップグレードは、通常
aptitude (または apt) パッケージツールで Debian の FTP/HTTP
ミラーの多くのうちの一つを指定することで実施されます
(sources.list(5) マニュアルページを参照してください)。
ミラーの完全なリストは以下から入手出来ます:</p>
<div class="center">
<a href="$(HOME)/mirror/list">https://www.debian.org/mirror/list</a>
</div>
<h2>様々なバグ修正</h2>
<p>この旧安定版の更新では以下のパッケージに重要な修正が加えられています:</p>
<table border=0>
<tr><th>パッケージ</th> <th>理由</th></tr>
<correction base-files "ポイントリリース向けに更新">
<correction debian-installer "ポイントリリース向けに再ビルド">
<correction debian-installer-netboot-images "ポイントリリース向けに再ビルド。d-i の Built-Using とインストーラによる取得を入れ替え、バージョンの不一致による失敗を先に">
<correction dpkg "Dpkg::Control::HashCore で空行の「.」区切り文字を処理する前に行末の空白文字を削除 (dpkg 1.16.16 で導入されたリグレッション)。対話シェルで SHELL 環境変数だけを利用。dpkg-deb での tar オプション --no-recursion を -T の前に移動。前にトリガー保留状態にあったパッケージについても Config-Version を初期化。dpkg の infodb フォーマットのアップグレードロジックにあったメモリ漏洩を修正。dpkg での物理ファイルのオフセット比較を修正。">
<correction groovy "リモートからの信頼できないコードの実行と DoS 脆弱性の可能性を修正 [CVE-2015-3253]">
<correction gtk+3.0 "gdk_cairo_set_source_pixbuf で巨大なメモリブロックを割り当てる際の整数オーバーフローを修正 [CVE-2013-7447]">
<correction highlight "定義されていない書式によるセグメンテーション違反を回避">
<correction icecast2 "セキュリティ修正 [CVE-2014-9018]">
<correction libcrypto++ "Rijndael タイミング攻撃対策を修正 [CVE-2016-3995]">
<correction libdatetime-timezone-perl "tzdata 2016d に更新">
<correction openldap "powerpc で back-mdb テストスイートを無効化し、64KB のページを利用している、jessie ppc64 カーネルで動作している buildd で back-mdb 周りのテストが成功しない問題に暫定対処">
<correction optipng "メモリの開放後利用脆弱性を修正 [CVE-2015-7801]">
<correction postgresql-9.1 "新しい上流リリース">
<correction tzdata "新しい上流バージョン">
<correction xapian-core "特に recoll でデータベースが破損する可能性を修正">
<correction zendframework "ZF2015-08 でのリグレッションを修正: バイナリデータ破損。ZF2016-01を修正: ZF1 に無秩序さが十分でないことによる潜在的な脆弱性">
</table>
<h2>セキュリティ更新</h2>
<p>この改訂では旧安定版 (oldstable) リリースに以下のセキュリティ更新が追加されます。.
セキュリティチームはこれらの更新それぞれについての勧告をすでに発表しています:</p>
<table border=0>
<tr><th>勧告ID</th><th>パッケージ</th></tr>
<dsa 2013 2722 icedtea-web>
<dsa 2013 2727 openjdk-6>
<dsa 2013 2768 icedtea-web>
<dsa 2014 2893 openswan>
<dsa 2014 2912 openjdk-6>
<dsa 2014 2980 openjdk-6>
<dsa 2014 3070 kfreebsd-9>
<dsa 2014 3077 openjdk-6>
<dsa 2015 3147 openjdk-6>
<dsa 2015 3157 ruby1.9.1>
<dsa 2015 3163 libreoffice>
<dsa 2015 3175 kfreebsd-9>
<dsa 2015 3219 libdbd-firebird-perl>
<dsa 2015 3234 openjdk-6>
<dsa 2015 3236 libreoffice>
<dsa 2015 3246 ruby1.9.1>
<dsa 2015 3339 openjdk-6>
<dsa 2015 3356 openldap>
<dsa 2015 3394 libreoffice>
<dsa 2015 3410 icedove-l10n>
<dsa 2015 3410 icedove>
<dsa 2015 3410 enigmail>
<dsa 2016 3432 icedove>
<dsa 2016 3442 isc-dhcp>
<dsa 2016 3458 openjdk-7>
<dsa 2016 3465 openjdk-6>
<dsa 2016 3467 tiff>
<dsa 2016 3475 postgresql-9.1>
<dsa 2016 3480 eglibc>
<dsa 2016 3482 libreoffice>
<dsa 2016 3485 didiwiki>
<dsa 2016 3491 icedove>
<dsa 2016 3515 graphite2>
<dsa 2016 3520 icedove>
<dsa 2016 3523 iceweasel>
<dsa 2016 3530 tomcat6>
<dsa 2016 3534 dhcpcd>
<dsa 2016 3536 libstruts1.2-java>
<dsa 2016 3537 imlib2>
<dsa 2016 3538 libebml>
<dsa 2016 3539 srtp>
<dsa 2016 3540 lhasa>
<dsa 2016 3541 roundcube>
<dsa 2016 3542 mercurial>
<dsa 2016 3543 oar>
<dsa 2016 3544 python-django>
<dsa 2016 3546 optipng>
<dsa 2016 3547 imagemagick>
<dsa 2016 3550 openssh>
<dsa 2016 3551 fuseiso>
<dsa 2016 3552 tomcat7>
<dsa 2016 3553 varnish>
<dsa 2016 3555 imlib2>
<dsa 2016 3556 libgd2>
<dsa 2016 3559 iceweasel>
</table>
<h2>Debian インストーラ</h2>
<p>インストーラが更新され、このポイントリリースまでに旧安定版
(oldstable) に盛り込まれた修正が収録されています。</p>
<h2>URL</h2>
<p>このリリースで変更されたパッケージの完全なリスト:</p>
<div class="center">
<url "http://ftp.debian.org/debian/dists/<downcase <codename>>/ChangeLog">
</div>
<p>現在の旧安定版 (oldstable) ディストリビューション:</p>
<div class="center">
<url "http://ftp.debian.org/debian/dists/oldstable/">
</div>
<p>旧安定版 (oldstable) ディストリビューションへの更新提案中のパッケージ
(Proposed updates):</p>
<div class="center">
<url "http://ftp.debian.org/debian/dists/oldstable-proposed-updates">
</div>
<p>旧安定版 (oldstable) ディストリビューション情報 (リリースノート、正誤表など):</p>
<div class="center">
<a
href="$(HOME)/releases/oldstable/">https://www.debian.org/releases/oldstable/</a>
</div>
<p>セキュリティ関連のアナウンスと情報について:</p>
<div class="center">
<a href="$(HOME)/security/">https://security.debian.org/</a>
</div>
<h2>Debian について</h2>
<p>Debian プロジェクトはインターネットを介し、
時間と労力を費やして完全にフリーなオペレーティングシステムである
Debian を開発しているフリーソフトウェア開発者らによる団体です。</p>
<h2>連絡先について</h2>
<p>より詳細な情報については、<a
href="$(HOME)/">https://www.debian.org/</a> を訪れるか、
&lt;press@debian.org&gt; にメールを送るか、安定版リリースチーム
&lt;debian-release@lists.debian.org&gt; に連絡を取ってください。</p>
#use wml::debian::translation-check translation="1.3"
<define-tag pagetitle>Debian インストーラ 6.0 Beta1 リリース</define-tag>
<define-tag release_date>2010-10-30</define-tag>
#use wml::debian::news
<p>Debian インストーラ <a
href="https://wiki.debian.org/DebianInstaller/Team">チーム</a>は Debian GNU/Linux
Squeeze 用インストーラの最初のベータリリースを発表できることを嬉しく思います。</p>
<p>このリリースは何年も Debian インストーラのリリースマネージャとして作業を続けてきた
Frans Pop さんに捧げます。彼は2007年にこの担当を外れましたが、その後も亡くなるまで
Frans さんはD-Iの複数の領域で深く関わり続けました。</p>
<p>Frans さんは、D-Iが元の開発者により決められた高い品質レベルを常に維持するための重要な役割を担っていました。
特に、Frans さんはD-Iに関わっている間を通してインストールガイド全体を良好な状態に保ちました。</p>
<p>Frans さんの名前は Debian インストーラに関わった者として残り続け、Debian
インストーラの開発者や貢献者、翻訳者は彼の死を心から残念に思います。</p>
<h2>インストーラのこのリリースでの改善</h2>
<ul>
<li>PlayStation 3 向けカーネルを自動選択。</li>
<li>Microsoft Windows の回復パーティションを適切に検出。</li>
<li>Linux カーネルを 2.6.32 に更新</li>
<li>GNU Parted を 2.2 に更新</li>
<li>追加された新しいプラットフォームのサポート:
<ul>
<li>Marvell GuruPlug</li>
<li>Marvell OpenRD-Ultimate</li>
<li>HP t5325 シンクライアント (部分的サポート)</li>
</ul>
</li>
<li>cdrom-detect/try-usb を指定した場合に isohybrid イメージをサポート。</li>
<li>インストーラはインストールメディアの firmware/
ディレクトリからファームウェアの .deb を探すようになり、ファームウェアの
.deb を収録したPXEイメージやCDを作成できるようになりました。</li>
<li>discover パッケージの discover-pkginstall を使い、特定のハードウェア向け
Debian パッケージが自動的にインストールされるようになっています。</li>
<li>地域化:
<ul>
<li>カンナダ語、ペルシア語、テルグ語を追加
(アストゥリアス語とカザーフ語はアルファ1で追加、
エストニア語はアルファ1で再び有効化されました)。</li>
<li>コンソールベースのインストーラにタイ語を追加。</li>
<li>ウォロフ語とウェールズ語のサポートは lenny
リリース以降翻訳が更新されていないため廃止されました。</li>
<li>このリリースでサポートしている言語は最終的に
(英語を含めて) 67となりました。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>このリリースでの挙動の変更</h2>
<ul>
<li>kFreeBSD イメージを除き、インストーラは DHCP
クライアントに udhcpc を利用するようになりました。</li>
<li>ReiserFS ファイルシステムのサポートはデフォルトで収録されなくなりました。
新しいシステムで ReiserFS を使うためには
「CD からインストーラコンポーネントをロード」の選択ダイアログで
<code>partman-reiserfs</code> を選択 (優先度中または低)
するか、インストーラを「<code>modules?=partman-reiserfs</code>」
を指定してブートします。</li>
<li>/cdrom の /media/cdrom への互換性のためのシンボリックリンク
は作成されなくなっています。/cdrom は Etch で非推奨となっています。</li>
</ul>
<h2>このリリースでの既知の問題</h2>
<p>詳細や既知の問題の全容については、<a
href="$(DEVEL)/debian-installer/errata">正誤表</a>を見てください。</p>
<h2>このリリースでの未知の問題</h2>
<p>インストーラのバグの発見や詳細な改善には支援が必要なので、
試しに使ってみてください。インストーラ CD
やその他のメディア、他に必要なものはすべて<a
href="$(DEVEL)/debian-installer">ウェブサイト</a>から利用可能になっています。</p>
<h2>Win32-Loader</h2>
<p>i386 と amd64 のCDには Windows の実行可能ファイル (setup.exe -
それにより自動的に実行されます) を収録しています。役割は Windows
を起動したまま実行中の Windows から d-i 環境に入らせることです。
この実行可能ファイル (Debian の「win32-loader」パッケージ) は d-i の initrd と
GRUB ブートローダを Windows の「起動ディスク」にインストールします。再起動後、
インストールはそのイメージから進められ、インストールにはCDの内容を利用します。</p>
<p>このバイナリは Debian 環境ではなく Windows 内で起動するものであるため、
必ずしも十分なテストを受けていないかもしれません:
実際にこの恩恵を受けるのは Windows から各言語を起動したときです!</p>
<h2>謝辞</h2>
<p>Debian インストーラチームはこのリリースに貢献してくれたすべての人に感謝します</p>
#use wml::debian::translation-check translation="1.4"
<define-tag pagetitle>Debian インストーラ Jessie RC 1 リリース</define-tag>
<define-tag release_date>2015-01-26</define-tag>
#use wml::debian::news
<p>Debian インストーラ <a
href="https://wiki.debian.org/DebianInstaller/Team">チーム</a>は Debian 8
<q>Jessie</q>用インストーラの最初のリリース候補を発表できることを嬉しく思います。</p>
<h2>インストーラのこのリリースでの重要な変更</h2>
<ul>
<li>(hw-detect の) check-missing-firmware が更新され、
カーネルログを見て欠けているファームウェアを判定するようになりました。
これにより、Wheezy
リリースと比べて長く解決されていなかったこの分野のリグレッションを修正します
(<a href="https://bugs.debian.org/725714">#725714</a>)。</li>
<li>アートワークが更新され、Juliette Belin
さんによる新しい<q>Lines</q>テーマが採用されています。</li>
<li>linux
カーネル側の変更で、ユーザランドのパラメータとは別個のカーネルパラメータにこれまでの
「--」ではなく「---」区切り文字として使うようになりました。
これによってユーザのパラメータが期待通りの挙動となり、
例えばインストールしたシステムで要求される
console="..." 設定をコピーできるようになります。</li>
<li>i386 アーキテクチャで486はかなり前からサポートされていなかったことから、
486カーネルフレーバーは586に名前が変えられました。</li>
</ul>
<h2>インストーラのこのリリースでの他の変更</h2>
<ul>
<li>brltty:
<ul>
<li>新しいデバイスを追加して自動起動規則を更新。</li>
<li>Xfce と LXDE で at-spi と orca の自動起動を修正。</li>
</ul>
</li>
<li>choose-mirror: ミラー一覧を更新 (cdn.debian.net 廃止を含む)。</li>
<li>debootstrap: Debian stretch と Ubuntu vivid のサポートを追加。</li>
<li>debian-installer: 必要とする最小ディスク容量について文書を更新。</li>
<li>efibootmgr: 読み取れないブート変数の処理を改善 (<a
href="https://bugs.debian.org/768880">#768880</a>)。</li>
<li>espeakup:
<ul>
<li>入力の文字ごとの読み上げを修正 (<a
href="https://bugs.debian.org/767595">#767595</a>)。</li>
<li>入力の大文字の読み上げを修正 (#767595 によるある種のリグレッション)
(<a href="https://bugs.debian.org/770753">#770753</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>grub2: grub-efi の脱着可能メディアのパス
/boot/efi/EFI/BOOT/BOOT$ARCH.EFI への追加コピー強制をサポート (<a
href="https://bugs.debian.org/767037">#767037</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/773092">#773092</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/773004">#773004</a>)。</li>
<li>grub-installer:
<ul>
<li>partman-efi からの新しい ignore_uefi フラグを認識。</li>
<li>EFI の脱着可能メディアパスへの強制インストールを追加でサポート
(<a href="https://bugs.debian.org/767037">#767037</a>)。</li>
<li>grub-installer/bootdev=default のサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/759737">#759737</a>)。
注意して使ってください!</li>
</ul>
</li>
<li>partman-efi からの新しい ignore_uefi フラグを認識。</li>
<li>linux: カーネルバージョン文字列に「.0」を追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/742226">#742226</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/745984">#745984</a>)。</li>
<li>netcfg:
<ul>
<li>/etc/network/interfaces.d/ のサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/770078">#770078</a>)。</li>
<li>名前サーバ配列の反復処理に境界確認が欠けていたのを修正
利用可能な名前サーバが4つ(以上)ある場合クラッシュにつながりました
(<a href="https://bugs.debian.org/768218">#768218</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>partman-crypto: パスフレーズの preseed サポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/656710">#656710</a>)。
注意して使ってください!</li>
<li>partman-efi:
<ul>
<li><abbr title="EFI System Partition">ESP</abbr>
システムパーティションに「esp」フラグをセット (<a
href="https://bugs.debian.org/768788">#768788</a>)。</li>
<li>UEFI モードでブートした場合に既存のOSが非 UEFI
でインストールされたものしか見当たらなければユーザに警告 -
この時点からインストーラを非 UEFI モードに切り替えるオプションを提示し、
潜在的なデュアルブートの可能性を壊さないように (<a
href="https://bugs.debian.org/763127">#763127</a>)。</li>
<li>マウントオプションで /boot/efi の umask を強制 (<a
href="https://bugs.debian.org/770033">#770033</a>)。</li>
<li>「UEFI インストールを強行しますか?」ダイアログを x86 でのみ表示
(<a href="https://bugs.debian.org/773311">#773311</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>partman-md: mdadm.conf の生成を修正 (<a
href="https://bugs.debian.org/763073">#763073</a>)。</li>
<li>win32-loader:
<ul>
<li>「Download Debian GNU/kFreeBSD as stable」は
Jessie では不可能なため無効化。</li>
<li>冗長となったデスクトップの選択を廃止 (<a
href="https://bugs.debian.org/762478">#762478</a>)。</li>
<li>dll 依存の問題を回避 (<a
href="https://bugs.debian.org/772898">#772898</a>)。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>ハードウェアサポートの変更</h2>
<ul>
<li>debian-installer:
<ul>
<li>armhf プラットフォームに hd-media のサポートを追加。</li>
<li>ppc64el の cdrom フレーバーに scsi-modules
を追加し、CD-ROM ドライブにアクセスできるように。</li>
<li>x86 netboot mini.iso に EFI システムで利用する grub.cfg を追加
(<a href="https://bugs.debian.org/762618">#762618</a>)。</li>
<li>さらに多くの arm イメージに virtio-modules udeb を追加。</li>
<li>amd64 と arm64 の netboot フレーバーでPXEブート可能な grub.efi を提供。</li>
</ul>
</li>
<li>linux:
<ul>
<li>[armhf] udeb モジュールを追加し、imx6
のビデオとキーボードをサポート (<a
href="https://bugs.debian.org/770635">#770635</a>)。</li>
<li>[i386] udeb の486フレーバーを586に名前を変更 (<a
href="https://bugs.debian.org/768288">#768288</a>)。</li>
<li>[armhf] i.MX6 向けに、usb-modules に chipidea USB ホストドライバを追加。</li>
<li>[armhf] mtd-modules udeb を追加。</li>
<li>[armhf] udeb に Exynos5 disk/usb/nic モジュールを追加。</li>
<li>[armhf] BananaPi デバイスツリーファイルをバックポート (<a
href="https://bugs.debian.org/763897">#763897</a>)。</li>
<li>udeb: pata-modules に pata_rdc を追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/633128">#633128</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>partman-base: Freescale 及び AM33XX
システム向けのブートローダ領域の検出を改善 (<a
href="https://bugs.debian.org/770666">#770666</a>)。</li>
<li> u-boot:
<ul>
<li>[armhf] Bananapi ターゲットを追加。</li>
<li>A10-OLinuXino-Lime、A20-OLinuXino-LIME、Cubieboard2、
Cubieboard2_FEL ターゲットを有効化 (<a
href="https://bugs.debian.org/762383">#762383</a>)。</li>
<li>efikamx 及び efikasb ターゲットを無効化。</li>
<li>u-boot-imx に nitrogen6q サポートを追加。</li>
<li>Arndale ボードのサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/763186">#763186</a>)。</li>
<li>sunxi の全プラットフォームで FEL 版をビルド。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>地域化の状態</h2>
<ul>
<li>このリリースでは 75 の言語をサポート。</li>
<li>そのうち 19 で完全に翻訳。</li>
</ul>
<h2>このリリースでの既知の問題</h2>
<p>詳細や既知の問題の全容については、<a
href="$(DEVEL)/debian-installer/errata">正誤表</a>を見てください。</p>
<h2>このリリースへのフィードバック</h2>
<p>インストーラのバグの発見や詳細な改善には支援が必要なので、
試しに使ってみてください。インストーラ CD
やその他のメディア、他に必要なものはすべて<a
href="$(DEVEL)/debian-installer">ウェブサイト</a>から利用可能になっています。</p>
<h2>謝辞</h2>
<p>Debian インストーラチームはこのリリースに貢献してくれたすべての人に感謝します</p>
#use wml::debian::translation-check translation="1.3"
<define-tag pagetitle>Debian インストーラ Jessie RC 2 リリース</define-tag>
<define-tag release_date>2015-03-27</define-tag>
#use wml::debian::news
<p>Debian インストーラ <a
href="https://wiki.debian.org/DebianInstaller/Team">チーム</a>は Debian 8
<q>Jessie</q>用インストーラの3回目のリリース候補を発表できることを嬉しく思います。</p>
<h2>インストーラのこのリリースでの改善</h2>
<ul>
<li>brltty-udeb:
<ul>
<li>インストール中に brltty を利用していた場合
grub がブート時にビープを鳴らすように (<a
href="https://bugs.debian.org/774536">#774536</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>console-setup:
<ul>
<li>複数の言語のデフォルトのキーボード設定を修正。</li>
</ul>
</li>
<li>debian-installer:
<ul>
<li>Built-Using により追跡するパッケージを増加 (<a
href="https://bugs.debian.org/696418">#696418</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/700026">#700026</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>libdebian-installer:
<ul>
<li>armel/armhf でのセグメンテーション違反の可能性を修正 (<a
href="https://bugs.debian.org/776488">#776488</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>systemd:
<ul>
<li>dbus がインストールされていない場合でも tty 2 から 6 を有効化
(<a href="https://bugs.debian.org/772700">#772700</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>tasksel:
<ul>
<li>desktop 及び laptop タスクから pm-utils を削除。</li>
<li>desktop タスクから libgl1-mesa-dri を削除。</li>
<li>デスクトップが preseed されている場合はそのデスクトップだけを有効化
(<a href="https://bugs.debian.org/771576">#771576</a>)。</li>
<li>gnome-orca と併せて libreoffice-gtk
もインストールし、LibreOffice にアクセスできるように (<a
href="https://bugs.debian.org/773763">#773763</a>)。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>ハードウェアサポートの変更</h2>
<ul>
<li>debian-installer:
<ul>
<li>フラッシュに U-Boot のない armhf システムに U-Boot バイナリを提供。</li>
<li>i.MX6 ベースの一部システムでコンソールの
ボーレートが合わない問題に対する暫定対処を追加。</li>
</ul>
</li>
<li>debian-installer, network-console, oldsys-preseed:
<ul>
<li>Buffalo Linkstation LS-CHLv2/LS-XHL のサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/744714">#744714</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/744715">#744715</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/744716">#744716</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>grub2:
<ul>
<li>32ビットの EFI での64ビットの Linux カーネル実行のサポートを追加
(<a href="https://bugs.debian.org/775202">#775202</a>)。</li>
<li>一部ファームウェアが誤ったパスを返してくるために
UEFI ブートに失敗するのを修正 (<a
href="https://bugs.debian.org/735960">#735960</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>linux:
<ul>
<li>[armhf] OMAP5432 uEVM のサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/772953">#772953</a>)。</li>
<li>[arhmf] LinkSprite pcDuino V3 のデバイスツリーを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/774067">#774067</a>)。</li>
<li>[arm64] EFI システムで efivars と efi-pstore が確実に読み込まれるように
(<a href="https://bugs.debian.org/773309">#773309</a>)。</li>
<li>udeb: i2c-modules に i2c-designware-{core,platform}
を、input-modules に i2c-hid を追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/772578">#772578</a>)。</li>
<li>[amd64] EFI_MIXED を有効化して Bay Trail システムをサポート。</li>
<li>efi: 根本の UEFI
ファームウェアプラットフォームのビット数をユーザランドからわかるようにし、Bay
Trail システムでのインストールをサポート (<a
href="https://bugs.debian.org/775191">#775191</a>)。</li>
<li>[armhf] Olimex A20-OLinuXino-LIME2 の DTB を追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/777455">#777455</a>)。</li>
<li>[armhf] CONFIG_BACKLIGHT_GPIO をモジュールとして有効化 (<a
href="https://bugs.debian.org/778783">#778783</a>)。</li>
<li>[armhf] sunxi プラットフォームで FB_SIMPLE を有効化。
修正と DTS エントリーをバックポート。</li>
<li>[x86] ACPI / video: 様々な Samsung モデルや Dell XPS15 L521X
向けに内部設定 disable_native_backlight を追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/772440">#772440</a>)。</li>
<li>[x86] ALSA: SND_SOC、SND_SOC_INTEL_SST、SND_SOC_INTEL_HASWELL_MACH、
SND_SOC_INTEL_BYT_RT5640_MACH、SND_SOC_INTEL_BYT_MAX98090_MACH
をモジュールとして有効化 (<a
href="https://bugs.debian.org/773835">#773835</a>)。</li>
<li>arcmsr: Linux 3.18 までの変更をバックポート (<a
href="https://bugs.debian.org/698821">#698821</a>)。</li>
<li>drm: DRM_BOCHS と DRM_QXL をモジュールとして有効化 (qxl
はデフォルトで無効化されていますが modeset=1 で強制できます)。</li>
<li>Banana Pro ボードのサポートを追加 (<a
href="https://bugs.debian.org/779311">#779311</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>u-boot:
<ul>
<li>LeMaker Banana Pro ボードのサポートをバックポート (<a
href="https://bugs.debian.org/779908">#779908</a>)。</li>
<li>A20-OLinuXino-LIME2 のサポートをバックポート (<a
href="https://bugs.debian.org/777466">#777466</a>)。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>地域化の状態</h2>
<ul>
<li>このリリースでは 75 の言語をサポート。</li>
<li>そのうち 19 で完全に翻訳。</li>
</ul>
<h2>このリリースでの既知の問題</h2>
<p>詳細や既知の問題の全容については、<a
href="$(DEVEL)/debian-installer/errata">正誤表</a>を見てください。</p>
<h2>このリリースへのフィードバック</h2>
<p>インストーラのバグの発見や詳細な改善には支援が必要なので、
試しに使ってみてください。インストーラ CD
やその他のメディア、他に必要なものはすべて<a
href="$(DEVEL)/debian-installer">ウェブサイト</a>から利用可能になっています。</p>
<h2>謝辞</h2>
<p>Debian インストーラチームはこのリリースに貢献してくれたすべての人に感謝します</p>
#use wml::debian::translation-check translation="1.1"
<define-tag pagetitle>Debian インストーラ Jessie RC 3 リリース</define-tag>
<define-tag release_date>2015-04-19</define-tag>
#use wml::debian::news
<p>Debian インストーラ <a
href="https://wiki.debian.org/DebianInstaller/Team">チーム</a>は Debian 8
<q>Jessie</q>用インストーラの3回目のリリース候補を発表できることを嬉しく思います。</p>
<h2>インストーラのこのリリースでの改善</h2>
<ul>
<li>apt-setup:
<ul>
<li>backports をデフォルトで有効化していたのをやめた (<a
href="https://bugs.debian.org/764982">#764982</a>)。</li>
</ul>
<li>clock-setup:
<ul>
<li>RTC がローカルタイムにセットされている場合に
e2fsck スーパーブロックの時刻確認を無効化 (<a
href="https://bugs.debian.org/767040">#767040</a>)。
</li>
</ul>
</li>
<li>choose-mirror:
<ul>
<li>ミラー一覧を更新 (http.debian.net を公式に置き換える
httpredir.debian.org を収録しています)。
</li>
</ul>
</li>
<li>debian-installer:
<ul>
<li>ヘルプ画面のショートカット
(install、installspk、expert、メニュー等) を復活 (<a
href="https://bugs.debian.org/764154">#764154</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/781853">#781853</a>、<a
href="https://bugs.debian.org/781992">#781992</a>)。
</li>
</ul>
</li>
<li>flash-kernel:
<ul>
<li>u-boot-tools を推奨 (Recommends) に昇格。これにより、複数の
armel、armhf、arm64 プラットフォームで hd-media
を使ってインストールする際にネットワーク接続が必要なくなりました
(<a href="https://bugs.debian.org/780994">#780994</a>)。
</li>
</ul>
</li>
<li>hw-detect:
<ul>
<li>欠けていたファームウェア検出を改善し、
ファームウェアを読み込んだ後の誤検出を回避 (<a
href="https://bugs.debian.org/779546">#779546</a>)。
</li>
</ul>
</li>
<li>netcfg:
<ul>
<li>DHCPv6 のステートフルでのアドレス設定でハングするのを修正
(<a href="https://bugs.debian.org/768188">#768188</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>partman-target:
<ul>
<li>/etc/fstab に余計なUSBデバイスを追加しないように (<a
href="https://bugs.debian.org/761815">#761815</a>)。</li>
</ul>
</li>
<li>systemd:
<ul>
<li>70-persistent-net.rules のエントリーが重なるのを回避 (<a
href="https://bugs.debian.org/765577">#765577</a>)。</li>
</ul>
</li>
</ul>
<h2>ハードウェアサポートの変更</h2>
<ul>
<li>debian-installer: