Commit 71f51d67 authored by victory's avatar victory

Unfuzzy Japanese translation.

parent db25153a
......@@ -52,13 +52,10 @@ live\-boot が「persistence」というラベル (GPT の名前やファイル
事実上、\fBlink\fP
は既にソースディレクトリにあるファイルだけを保持し、\fIディレクトリ\fPにあるそれ以外のファイルは保持しません。保持するファイルをこのオプションの対象とするには手作業によりソースディレクトリに追加する必要があり、そうすることで\fIディレクトリ\fPに、既にそこにあるファイルに加えて現れるようになります。このオプションは特定のファイルだけを保持する必要があり、それがあるディレクトリ全体が必要ではない場合、例えばユーザのホームディレクトリにある設定ファイルの一部を保持する場合に有用です。
.IP \fBunion\fP 4
Save the rw branch of a union on the persistence media, so only the changes
are stored persistently. This can potentially reduce disk usage compared to
bind\-mounts, and will not hide files added to the read\-only media. One
caveat is that the union will use \fIDIR\fP from the image's read\-only file
system, not the real file system root, so files created after boot (e.g. by
live\-config) will not appear in the union. This option will use the union
file system specified by live\-boot's \fBunion\fP boot parameter.
結合ファイルシステムの rw
ブランチを保持用メディアに保存するため、変更点だけを持続的に保管します。バインドマウントと比較するとこの方法は潜在的にディスク使用量を減らせる可能性があり、また読み取り専用メディアに追加したファイルを隠しません。1つ注意があり、結合後に実際のファイルシステムのルートではなくイメージの読み取り専用ファイルシステムから\fIディレクトリ\fPを使うため、(例えば
live\-config により) ブート後に作成されたファイルは結合後には見えなくなります。このオプションは live\-boot の \fBunion\fP
ブートパラメータにより指定された結合ファイルシステムを使います。
.SH ディレクトリ
.IP \fB/live/persistence\fP 4
......
# Japanese translations for live-boot package
# Copyright (C) 2013-2014 victory <victory.deb@gmail.com>
# Copyright (C) 2013-2015 victory <victory.deb@gmail.com>
# This file is distributed under the same license as the live-boot package.
#
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: live-boot\n"
"POT-Creation-Date: 2015-01-04 21:50+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2014-08-28 02:52+0900\n"
"PO-Revision-Date: 2015-01-05 05:50+0900\n"
"Last-Translator: victory <victory.deb@gmail.com>\n"
"Language-Team: none\n"
"Language: ja\n"
......@@ -24,13 +24,13 @@ msgstr "LIVE-BOOT"
#: en/live-boot.7:1 en/persistence.conf.5:1
#, no-wrap
msgid "2015-01-04"
msgstr ""
msgstr "2015-01-04"
#. type: TH
#: en/live-boot.7:1 en/persistence.conf.5:1
#, no-wrap
msgid "5.0~a1-1"
msgstr ""
msgstr "5.0~a1-1"
#. type: TH
#: en/live-boot.7:1 en/persistence.conf.5:1
......@@ -343,16 +343,6 @@ msgstr "B<union>"
#. type: Plain text
#: en/persistence.conf.5:100
#, fuzzy
#| msgid ""
#| "Save the rw branch of a union on the persistence media, so only the "
#| "changes are stored persistently. This can potentially reduce disk usage "
#| "compared to bind-mounts, and will not hide files added to the read-only "
#| "media. One caveat is that the union will use I<DIR> from the image's read-"
#| "only file system, not the real file system root, so files created after "
#| "boot (e.g. by live-config) will not appear in the union. This option will "
#| "use the union file system specified by live-boot's B<union> boot "
#| "parameter, but is not supported with B<union=unionmount>."
msgid ""
"Save the rw branch of a union on the persistence media, so only the changes "
"are stored persistently. This can potentially reduce disk usage compared to "
......@@ -369,7 +359,7 @@ msgstr ""
"ジの読み取り専用ファイルシステムからI<ディレクトリ>を使うため、(例えば live-"
"config により) ブート後に作成されたファイルは結合後には見えなくなります。この"
"オプションは live-boot の B<union> ブートパラメータにより指定された結合ファイ"
"ルシステムを使いますが、B<union=unionmount> ではサポートしていません。"
"ルシステムを使います。"
#. type: SH
#: en/persistence.conf.5:101
......
Markdown is supported
0% or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment